​「が溢れてしまう」

作編曲:YASUHIRO(康寛)

作詞:スティーブ・パンダ

継ぎ接ぎだらけの

"にせもの"手にして

手探り勘ぐれたならば

それだけ積み上がる軌跡

デタラメだらけの

切り抜き幸せ

愛が"有形"だと言うなら

人の形じゃない

そっちのけで独りに酔ったとこで勝負

輝いた時のことなら、幾分前

溢れてしまった感情論

切羽詰まったなら

泣いて騒いで走り

どこへどこへその先まで

 

溢れてしまった感情論

出し尽くしてても

いつかまた会える

そう胸に刻み迷い進め

継ぎ接ぎだらけを

拾い集めたら

「誰かのせいにしないで」

脳内アウトバーン渋滞

デタラメな日々を

どうにか支えて

サカムケた指先すら

自己責任持論

あっちこっちそっちでもどちらも立たずじまい 

ただただそこにあるだけで、笑われる時代

隠したはずの逃走路

見透かされたなら

迷わず振り切れ

返す刀は君次第

 

隠したはずの逃走路

どこにもないなら

今日こその"初めて"

そこから信じて開き直れ

いつからだったかな

「朝日が好きじゃなくなった」

そうするんと、口から出たの

覚えてなくても良いでしょ

どうせこの向こう側ではまた

新しいデタラメたちが待っていて

溢れてしまった感情論

切羽詰まったなら

泣いて騒いで走り

どこへどこへその先まで

溢れてしまった感情論

切羽詰まったなら

泣いて騒いで走り

どこへどこへその先まで

 

溢れてしまった感情論

出し尽くしてても

いつかまた逢えたら

そう胸に刻み迷い進め